サイズ(縦×横):約158~165cm×74cm

素 材 :羊毛・コットン(経糸と一部の緯糸)

カラー :ミックス 

産地:アゼルバイジャン地方
取り扱い方法:別ページの『キリムのお手入れ方法』をご覧下さい。

キリム・ロングサイズ(品番/tk11258C)

¥54,000価格
  • イラン北西部、コーカサス地方やカスピ海と接するアゼルバイジャン地方のオールドキリム。1960年代のものと思われます。


    横ボーダー柄の平織り地に織りこまれた茶色のモチーフは羊の角。
    毛は絨毯やテント、時には衣服の材料になり、ミルクや肉は食物として、遊牧民の生活になくてはならない羊は豊かさや強さの象徴でもあります。羊のモチーフを挟むようにジグザグのような連続した模様は波を表しているのでしょう。波は砂漠の生活には欠かせない水のこと。
    興味深いのはそのジグザグの薄い青の部分。これは羊毛ではなく、コットンを使っています。もとは藍染の濃い青だったのでしょうが、洗ったり踏まれたりしていくに従い、ずいぶんと退色していきました。ジーンズも50年も使えばこんな色合いになるのでしょうか。素材の性質の違いによる経年変化の差が良くわかります。

    当初はもっと幅も長さもあったようですが、状態の良いところを残して仕立て直しており、全体的に歪みが見られます。良く使い込まれているので織り地もよくこなれており、床に敷いたその時からずっとそこにあったように馴染むでしょう。

    織り上げられたころの力強さは羊の角のモチーフに面影を残すものの、全体的には濃い色は渋さを増し、薄い色は優しく柔らかな色合いに変化し、親しみやすさと落ち着きが感じられます。丁寧に織られ、大切に使い続けられた温かみと奥深さがにじみ出ています。
    足元マットや飾り棚に置いたり、また、タペストリーとしてもお使いいただけます。キリムを何枚もお持ちの方はもちろん、初めての方でも十分に使いこなせる懐の深さを感じさせる一枚といえましょう。

    *商品写真につきましては、できるだけ実物に忠実に掲載するよう心がけておりますが、PC環境や撮影状況によってはお客様が実際手にとられたものとイメージが違う事がございます。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。(画像をクリックすると、拡大できます。)

    *ヴィンテージキリムについての詳しいご案内も御覧ください。