サイズ(縦×横):約146cm×82cm 厚み約15mm

素 材 :緯糸・パイル糸:羊毛 経糸:コットン

カラー :赤系

原産地 :イラン(ナスルアバッド産)       

取扱方法:「ペルシャ家庭織り絨毯お手入れ方法」をご覧ください。

ペルシャ家庭織り絨毯(品番/tfg16502)

  • ペルシャ絨毯の伝統が持つ豊かさと素朴な遊牧民の親しみやすさを併せ持つ部族絨毯。現地の家庭生活から生み出される一枚一枚は、個性的で唯一無二のものです。

     

    ナスルアバッドは、イラン西部・アラークの南に位置する小さな村。
    この辺りは現在でもそれぞれの町や村で絨毯を織る家庭が存在します。

    ナスルアバッドは特別に名の知れた場所ではありませんが、買い付けで各地をまわる度にどこかしら目を引くものを見つけることができ、それ以来定期的に訪れるようになった村だそう。

    実用品としての織りの堅牢さはもちろんのこと、ロリ族やカシュガイ族の織りのパターンと同じ流れを感じさせる幾何学的な文様の中に、動物柄がユーモアを持って自然に織り込まれている様子が、この村に住む人々にとって「織り」は生活の一部であり、自分の楽しみのひとつであることを感じさせます。織り手が自ら納得できるような仕事の姿がここにあり、家庭織り絨毯の価値は何と言っても売るためだけに計画的に織られたのではない、素朴さと実直さにあるのだと改めて思います。
     

    しっかり染められた赤がベースとなり、そこに色とりどりの動物やら植物やらのモチーフが自由に散りばめられているように見えますが、やはり部族の伝統的な柄の構成パターンは踏襲しているためか、全体としてはまとまりのある仕上がりです。

    使い始めは鮮やかな赤もはっきりとしたモチーフも使い込んでいくうちに柔らかな色合いに変化し、懐かしさを含んだたった一枚のラグになっていくことでしょう。それが絨毯の魅力でもあるのです。

     

    縦糸にはコットンを使用しており、堅牢な織りながらも硬すぎない踏み心地。履物で歩いても裸足でくつろいでも程よい柔らかさとクッション性と共に、上質な毛糸としっかり締まった織りは使えば使うほどに艶やかに滑らかになっていきます。

    一枚、一枚と丁寧に織り上げるペルシャ家庭織り絨緞。時代を超えて使い続けることによって自分の生きた証のような存在になることも可能です。


    *商品写真につきましては、できるだけ実物に忠実に掲載するよう心がけておりますが、PC環境や撮影状況によってはお客様が実際手にとられたものとイメージが違う事がございます。
    *『ペルシャ家庭織り絨毯について』もご覧下さい。
    *ご不明な点等ございましたらいつでもメールにて承ります。
    どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ