サイズ(縦×横):約210cm×141cm

素 材 :羊毛

カラー :ミックス

原産地 :イラン(イラム産)
取り扱い方法:別ページの『キリムのお手入れ方法』をご覧下さい。

 

*こちらはオールドラグの為、実物をご確認頂きたく、web shopではご紹介のみで、実店舗だけでの販売となります。システムの関係上、「在庫なし」となっていますが、商品名の先頭に【在庫◎】と表示があり、各商品ページにてプライス表示があるものは在庫がございますので、お問い合わせ下さい。ご面倒をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

在庫◎ キリム・リビングサイズ (品番/ok11246)

¥154,800 通常価格
¥108,360セール価格
  • 家族のために織り、大切に受け継がれてきたキリム。時間と共に増していく風合いはこの世に1枚しかない特別なもの。

     

    赤や青のインクをぽとっ、ポトっと落としたような水の中、幾つもの少し歪みのあるひし形モチーフはまるで月か星が変身し、浮遊しているクラゲのよう。

    このキリムが織られたイラン西部に位置するイラムの町はイラクの国境にも近い乾いた山がちな土地なのですが、それがかえって水への憧れとなって織り込んだかもしれません。(クラゲは漢字で「海月」または「水母」と書くのですね。)

     

    イランがまだ王朝だった頃、1950年代(60年以上前)から使われていたというこのキリムは上下の傷んだ部分を仕立て直し、補修の跡や洗っても取れない汚れはあるものの、この年代のものとしては程良い状態を保っています。ウールの経糸は同じ素材の緯糸に比べて細く、隙間なくしっかりと詰まった織りは時には曲線を描き、緻密なつづれ織りを織ることでで名高いクルド人が多く住む土地のものらしい表情を見せています。

    織られた当初ははっきりした色合いだったと思われる赤や青の染めは

    十分に使い込まれ、少しずつ羊毛そのものに戻っていくかのように淡くなり、ゆったりとした時の流れを感じさせます。

    しっかり紡いだ糸で織られた程よい厚みと重みは敷いた時に安定感があります。足元に敷いて見れば、きっと日々の疲れもふぁっとどこかに漂い消えていくことでしょう。リビングやプライベートなどのくつろぎの空間、また堅牢で使い込んだ雰囲気はバイクやボード置き場のアクセントとしても。

     

     

    *綴れ織とは…平織りの一種で、最もシンプルな織り方。緯糸のみで文様を出す為に経糸が見えないように打ち込まれ、文様の境目は折り返して織るため、二色の境界でたて糸に沿って間隙ができます。エジプトで出土したコプト織など、紀元前には既にこの織り方が広まっていたといわれています。
    *商品写真につきましては、できるだけ実物に忠実に掲載するよう心がけておりますが、PC環境や撮影状況によってはお客様が実際手にとられたものとイメージが違う事がございます。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。(画像をクリックすると、拡大できます。)

    *ヴィンテージキリムについての詳しいご案内もぜひ御覧ください。