サイズ(縦×横):約150cm×113cm

素 材 :羊毛100%

カラー :ミックス
取り扱い方法:別ページの『キリムのお手入れ方法』をご覧下さい。

キリム・ラグサイズ(品番/tk18775)

¥69,000価格
  • アゼルバイジャンと国を接したカスピ海にもほど近い北イランの広大なモーガン高原を移動するシャーサバンと呼ぶ遊牧民が織ったスマック織りのキリム。シャーサバンはシャー(王)に仕えるものという意味で、中世の頃には遊牧生活の傍、傭兵としての役割も担っていたようです。 

    この地域は湿潤で穏やかな気候と肥沃な土地を持ちつつ、高い所では7000mにも及ぶ高低差のある地形であることから、イランの中でも特に生き物の宝庫のような存在で、農業や畜産もとても盛ん。そんな地域に住む彼らは時には雲よりも高い土地で暮らすこともあり、「天空のひと」とも呼ばれています。宇宙的な不思議な図柄と身近な生き物のモチーフの組み合わせからなるキリムの所以はそんなところからくるのでしょうか。

     

    少しくすんだような色合いが霧がかった景色を表わしているかのよう。キリムの周りを額縁のように取り囲むボーダーのななめストライプが軽快な一枚。鳥、ダイヤ、花、波‥このキリム特有の所狭しとボーダー状に織り重ねているモチーフもそれぞれの色が馴染んで目にうるさくありません。

    高地に暮らし、天空の人々ともいわれるこの地方の人々の織るモチーフは目線が違うからでしょうか、不思議な形のものが多くあります。かなり抽象化していて様々な解釈が可能なものが多く、想像を膨らませるのも楽しいですね。

    フリンジ部分が一つ一つ3色の色糸で編み込まれ、丁寧な仕上げ。毛羽立ちの少ない良質の羊毛で織られ、端整な印象は和室にもしっくりきそうです。床に敷いても壁にタペストリーのように掛けても様になる一枚。

    *スマック織とは…スマックという言葉はコーカサス地方が語源だとされ、コーカサス地方の南端に接しているダシュテモガンは、主要な産地のひとつです。平織りの経糸(たていと)のほうに別の色糸を斜めに巻きつけながらモチーフを織り込む技法で、高い技術と手間を要します。丈夫でやや厚みをもった表地はつづれ織りのようなスリットはなく均一です。複雑に民族が絡み合う地方の流れを汲む、抽象的でユニークなモチーフで構成されていることが多く、西欧諸国のコレクターからも高い評価を得ています。

    *商品写真につきましては、できるだけ実物に忠実に掲載するよう心がけておりますが、PC環境や撮影状況によってはお客様が実際手にとられたものとイメージが違う事がございます。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。(画像をクリックすると、拡大できます。)
    ご不明な点等ございましたらいつでもメールにて承ります。どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。